自由旅行 格安航空券 コンチキツアーのことなら海外専門旅行会社ジェイエスティにおまかせください!

株式会社ジェイエスティ > コンチキツアー > コンチキ参加者 体験談
お客様の体験談
ヨーロピアンディスカバリー 12日間  〜 EUROPEAN DISCOVERY 〜
黒田さん(名古屋大学)
<楽しかったこと>
様々な国の人と出会えて、いろんな文化を感じられて面白かった!バスの中はいつも賑やかで移動中も楽しい!特に夜のバスの盛り上がりがすごい! あとは、ヨーロッパの綺麗な景色をたくさん見れたこと。オーストリアのインスブルックの景色は忘れられないです。1人ではなかなか行かないところまで行けて良かったです。ローマではツアーマネージャーさんが美味しいピザのお店も教えてくれました。
<大変だったこと>
やはり、英語が分からないこと。最初は日本人もいなくて寂しかったです。しかし、大事なことはツアーマネージャーさんがday sheetに書いてくれます。また、ルームメイトも英語が苦手と分かってくれて、大事なことは教えてくれました。
<これから参加される方へのメッセージ>
慣れない環境へ行くのは勇気がいるかもしれませんが、様々な国の人と旅行するのはなかなか出来ない経験です。英語ができなくても、優しいツアーマネージャーさんや仲間が助けてくれます。世界には素敵な景色、美味しい食べ物、そしていろんな人がいます。少しでも視野を広げてみたい!と思ったら是非このツアーに参加してみてください
ヨーロピアン・ディスカバリー
ヨーロピアン・ディスカバリー
ウエスタン ハイライツ 8日間  〜 WETSTERN HIGHLIGHTS 〜
浅井 菜佑さん (愛知県立大学)
今回の春休みに、カナダ・アメリカを旅行しました。カナダはトロントで語学学校に3週間通いホームステイをし、アメリカはNYに3日間滞在し、そこから西海岸へと飛び、コンチキツアーという世界各国のメンバーと旅をする 現地発着のツアーに参加しました。私は今まで生きてきた19年間、一度も海外に行ったことがなく、飛行機にすら 乗ったことがありませんでした。そんな中、せっかくの長い休暇だから、海外に行ってみたい!と思い、ドキドキの中、初めて日本を飛び立ちました。間近で見たナイアガラの滝や、 ヘリから見たグランドキャニオンは大迫力で、息を呑みました。NYやラスベガスの夜の街はとても綺麗で、いつまでも人で賑わっていました。 また、旅の途中で出会った人々と、言語や文化の違いに関わらず、お互いの気持ちが分かり合うことができて喜んだり、別れを惜しんで泣いたり、今までになかった感動を味わいました。 旅に慣れてなくても、英語があまり話せなくても、海外に行ってみるべきだと思いました。みなさんも自分の訪れてみたい海外の地に、思い切って行ってみてください! きっと思いもよらない感動が待ち受けています!
ウエスタンハイライツ
ウエスタンハイライツ
ウインター・エクスプレス 10日間  〜 WINTER EXPRESS 〜
奈波 愛美さん (愛知淑徳大学)
卒業前の長期休暇の間に出来る限りのヨーロッパ周遊と留学がしたいという思いからコンチキよりも安価で日本人の少ないtopdeckのツアーに参加しました。主にオーストラリアとニュージーランド出身の方が多くアメリカやカナダ、ブラジル出身の方もいました。その中で日本人は私一人。年齢も私のような学生が多く英語圏の方ばかりで本当に留学しているようでした。11日間で7カ国の弾丸旅で各国1日半しかなくどう使うかはその人の価値観次第!私はオプショナルアクティビティのバイクツアー等を利用し一通りの観光名所を自分の目で見ることに重きをおいたためパリに行ったにもかかわらずルーブル美術館に入る時間がなかったことややり残りした事がたくさんあります。しかしそれもまた一層いつかゆっくりヨーロッパを訪れたいと思わせてくれます。バスガイドさんも知識豊富なため英語ではありますが、ユーモアに満ちた各地の歴史や説明をしてくれます。まるで大学の授業のようですが、何の知識なく見るのとでは興味深さはかなり違います。ツアーの前後に含まれていない国を行く飛行機やホテルまでプランを立てていただきこの短期間でできる限りの欲望を叶えていただいた旅でした。たくさん友達作りたい、プチ留学したいという方には自信持ってお勧めします! 出国前のミーティングでの体験談やアドバイスのおかげで何不自由なく素敵なたびになりました。 私のやりたいこと、行きたいところを盛り込んだ最適な欲張りプランを立てて頂きありがとうございました!
(持っていった方がよかったもの)
変圧器、マルチプラグはもちろんのこと、タコ足配線(せめて2つできるもの) …大人数での共同部屋の際、コンセントが足りない
ウインター・エクスプレス
ウインター・エクスプレス
カンボジアオンアシューストリング 10日間  〜 CAMBODIA ON A SHOESTRING 〜
佐久間 未歩さん (南山大学)
今回、私はタイ、カンボジア、ベトナムを回る G adventureのツアーに参加しました。大げさかもしれないけれど、私の人生の中で一番濃い10日間だったように感じます。 春休みに入ってから大学生初めての長い春休み、無駄にしたくない、何か残したいという思いでこのツアーに申し込みました。申し込みもパスポート申請もギリギリで、 危機管理がなってないと何度親に怒られたことか… スリとか治安とか1人になったら危なくないかなとか行く前は不安でいっぱいでした。実際に参加してみて思ったことは、ほとんどはツアーガイドと他のメンバーと一緒に行動するので安心だということです。何よりも困ったことは自分の語学力でした。私は大学で英語を学んでいるので、その力試しの意味も込めて参加したのですが、他のメンバーの英語はものすごく速くてほとんど聞き取れませんでした。 私のツアーには、ノルウェー、デンマーク、イギリス、ドイツ、コロンビアから来ている人がいて、日本人は私1人でした。みんなで一緒に話しているときは全然話に入っていけなくて、自分の英語力のなさを痛感し、ものすごく悔しい思いもしました。でも、せっかく参加したんだからと思って頑張って話しかけてみると皆優しくて、分からないところは噛み砕いて話してくれたり、私が話す拙い英語も一生懸命聞いてくれようとして、一対一では全員といろんな話をすることができて嬉しかったです。 また皆本当に親切でボートに乗るときに手を貸してくれたり、1人でホテルに帰らなくていいように送ってくれたりしました。特にルームメイトのイギリス人の女の人は私よりすごく年上で、いつも'Are you OK? Miho'と心配して くれていろいろ教えてくれて、最後は別れたくなくて泣いてしまいました。 このツアーではいろんな体験ができて本当に楽しかったです。アンコールワットに感動したのはもちろんのこと、村にホームステイをしたり自分で書類を書いて国境を自分の足で越えたり、コオロギを食べたりと本当にたくさんの貴重な体験をすることができました。お土産だと安くてかわいいアジアン雑貨に絶対はまります。 このツアーは海外旅行をしながら英語漬けになれるすごくいい機会だと思います。ツアーの確認や、普段の会話でずっと日本語が全くない環境に身を置かれるので普通の短期留学よりも英語漬けになれるのではないかなと思います。辛いこともあったけど、本当にいい経験ができてこのツアーに参加できてよかったと思えました。とても学びが大きかったです。1人で海外に行って日本語が通じなくて自分でなんとかしなければならない中で過ごしたことで前よりも少しは強くなった気がします。また、ツアーに参加したことでもっとみんなと深い話をしたいという思いから英語に対するモチベーションはものすごく上がりました。今は英語を話せるようになってみんなと会いたいという気持ちで留学を目指して勉強しています。
カンボジア・オン・ア・シューストリング
カンボジア・オン・ア・シューストリング
カンボジア・オン・ア・シューストリング
ヨーロピアンディスカバリー 12日間  〜 EUROPEAN DISCOVERY 〜
安藤 佑太さん(名古屋大学)
このツアーに参加して本当に良かったと思います。1つ目の理由は、世界中に友達がたくさんできたからです。毎日のようにお酒を飲むので自然と仲良くなれました。 (彼らに休肝日という概念はありません /笑) 特に、朝一からテンション高いオーストラリア人のノリは最高でした! また、オプショナルツアーなどみんなと様々な体験をすることによっても、仲が深まったと思います。 僕が行ったツアーは、日本人が13人いて、英語があまり出来ない自分にとって支えになってくれたり、意識の高いメンバーに 会えてこれから頑張ろうと思うことができました。 2つ目の理由は、自分の英語力のなさを痛感できたからです。このツアーに参加するにあたって、何か持っていった方が良いものを聞かれたら迷わず英語力と答えます!(笑) リスニング力さえあれば楽しいと思います!英語全然分からなかった自分でも楽しめたので、英語が分かったら何倍も楽しくなるんだろうと思います。 3つ目は一人旅では体験しにくいことがツアーメンバーとならできることです。一人旅の方が自分の行きたいところに行けるから悩みましたが、ツアーにはそういうメリットがあります。 本当に貴重な経験ができて参加して良かったと思っています。 最後にこのツアーや、ツアー後に周った自分のスペイン一人旅などのアドバイスを沢山して頂いた葉山さん、JSTのスタッフのみなさんには本当に感謝しています。ありがとうございました!
ヨーロピアン・ディスカバリー
ヨーロピアン・ディスカバリー
ヨーロピアン・トレイル 23日間 〜 EUROPEAN TRAIL 〜
中西 和樹さん(関西大学)
大学生の間に海外旅行がしたい!と思って見つけたのがコンチキツアーでした。23日で憧れのヨーロッパ11カ国周遊、初めてのヨーロッパ一人旅で英語も全く喋れないので不安でしたが、ツアーが始まってしまえば「心配して損した!」と思うほど充実の毎日でした。最初はどう話しかけたりしたらいいか悩んだりしましたが、必死に伝えようとしているうちにみんなから話しかけてきてくれました。最初のホステルでの4人部屋で、メンバーに片言でもいろいろ話しかけて打ち解けあえ、冗談でお腹を抱えて笑った時の嬉しさ・高揚感は特に忘れられません。参加者はオーストラリア人が大半でみんなノリが良く、夜のバス内はカラオケ状態で高校の修学旅行みたいで毎日がお祭りのような雰囲気!本当に楽しかったです! コンチキに参加してよかった事は多くの外国人と友達になれ、自分に自信がついた事です。帰国後もメンバーとFacebookで連絡していて、今度メンバーの一人が日本に来るので大阪の案内役を任されました!また英語漬けの日々と外国人との生活を通して日本では経験できない体験もしてそれが自信にも繋がりました。 このツアーでは個人旅行では行かないような東ヨーロッパにも滞在しました。東欧は観光地化したパリやローマとは違い、人も多くなく、それでいて物価も安くご飯も美味しく見所がたくさんありました。ヨーロッパは東欧も立ち寄られることを強くお勧めします! 最後に、もしコンチキで迷っている人がいたら絶対コンチキツアーに参加すべきです!忘れられない日々が待ってます!それに行ってみれば案外どうにかなります。
ヨーロピアン・トレイル
ヨーロピアン・トレイル
サン&スチーム 7日間 〜 SUN & STEAM 〜
河合 峻雅さん(藤田保健衛生大学)
英語が話せなくて不安に思っている人、踏みとどまっている人、是非飛び込んでみてください!行けばなんとかなるものです(笑) 僕は英語がほとんどしゃべれませんでしたが、英語が話せるようになろう!またそのきっかけになればと思いツアーへの参加を決めました。 初めての海外、僕が選んだのはニュージーランドです。そうして始まった旅ですが、予想通り初日から英語の壁にぶつかりました。 ツアーガイドの言っていることが全く分かりませんでした。初めはつたない英語を話すこと、間違えることが恥ずかしいと感じていましたが、このままではヤバい!生きていけない!と思い、開き直ってまわりにいたツアーメイトに助けを求めました。 「集合時間って何時?」、「ガイドさんが言ってたことで何が大事?」などメモ帳に書いたり、ジェスチャーを交えたりしてとにかく話しかけました。 今思えばここで勇気を出して話しかけたのが良かったなと感じます。みんな分かるまで教えてくれたし、その後も一緒に飲みに行こう!などいろいろ気にかけてくれました。 自分の緊張もどんどんほぐれていき、気づけば毎日が楽しくて仕方がなくなっていました。洞窟の中を浮き輪に乗ってラフティングしたり、ロードオブザリングのロケ地であるホビット村をみんなで回ったり、毎晩みんなと飲んで騒いだり(ビール好きの僕にはどこに行ってもたくさんのビールがあり最高でした!)と本当に楽しい思い出ばかりです。 一週間という短い期間でしたが、いろんな価値観に触れ、多くの友達ができ、自分にも少し自信が持てた、そんな素敵な旅でした!一歩踏み出すのは勇気が要りますが、きっと大きな一歩になるはずです。迷っている人はぜひコンチキを肌で感じてきてください!
サン&スチーム
NZ コンチキ
ヨーロピアンマジック 9日間 〜 EUROPEAN MAGIC 〜
外山 直武さん(愛知県立大学)
9日間で7か国をまわる 「European Magic」 というツアーに参加しました。 短い日程でいろんなところを周るので、バスの移動時間は、少し長いですが、それも忘れてしまうほど、たくさんのものを見ることができ、本当に贅沢な気分を味わえました! ヨーロッパはとにかく街並みが綺麗で、どこを歩いても日本とは全く違う景色に感動しっぱなし!ウキウキしっぱなし!の街歩きができました。 今回、訪れた場所で個人的に一番良かったのはイタリアです。2泊して観光の時間が多かったというのもありますし、オプションのゴンドラツアーを申し込めば分かってくれるんじゃないかと思います。さすが水の都ベネチアという感じでした。働いているおじさんたちも陽気で面白かったし、素晴らしいセンスで作られた綺麗なガラスの数々も見ることができ大満足でした! また、最初こそ友達ができるか不安でしたが、そんな不安は僕の場合、アルコールが解決してくれました。あまり英語が話せなくてもアルコールの力を借りればコミュニケーションできる! ただ、お酒が飲めなくても、とにかく楽しもうという気持ちや、仲良くなりたいという姿勢を崩さなければ、自然と友達もできるので、1人で参加しても全く問題ないと感じました。 みんな優しく接してくれるし、そこで参加を迷う必要はないです! 新しい友達(日本人も外国人も)できたし、また自分の英語力がまだまだだということも再確認でき、未知の世界を知ることができ、本当に最高のツアーでした! 英語だらけのバスツアーなんて…となかなか不安に思ってしまうかもしれませんが、一歩踏み出してみれば、かけがえのない体験ができます。参加して本当に良かったです。
ヨーロピアン・マジック
ヨーロピアン・マジック
カンボジア・オン・ア・シューストリング 10日間  〜 CAMBODIA ON A SHOESTRING 〜
榊原 秀さん(愛知教育大学)
学生生活最後の春休みを利用し、卒業旅行として10日間でタイ・カンボジア・ベトナムの三か国を訪問しました。ヨーロッパの国々とアメリカからの若者たちと一緒に旅をし、日本人は私一人でした。初めの内は、英語を話すのに大変苦労しました。ツアーグループ内の会話は公用語として英語を使います。とにかく仲良くなりたいという一心で、全てのオプショナルツアーに参加しました。アンコール・ワットの日の出、プライベートビーチでの日々、そして夜はレストランやバーで乾杯し、お祭り騒ぎのように踊る。時間はかかりましたが、次第に心が通えるようになっていったのを感じました。将来、私は教職に就きますが、カンボジアで2つの小学校を訪問して子どもたちと交流できたのも貴重な経験となりました。まだまだ、カンボジアは貧困に苦しんでいます。カンボジアに住む人々、特にその子どもたちの様子を、日本の子どもたちへ伝えていきたいです。
カンボジア・オン・ア・シューストリング
カンボジア・オン・ア・シューストリング
ヨーロピアン・ホライズン 10日間  〜 EUROPEAN HORIZON 〜
岩下 麻由さん(愛知県立大学)
私は語学留学のため、南仏ニースに一ヶ月間滞在した後、海外発着のコンチキツアーに参加し、50人の様々な国籍の仲間と、10日間バスでヨーロッパ周遊をしてきました。 留学は短期間ではありましたが、聞き取りを中心にフランス語の力がついたことを、帰国後の大学の授業などでよく実感することができました。 なによりも、いろんなものを自分で見て、感じたことで、フランスという国が更に好きになり、もっと知りたい!という気持ちになりました。 そして、留学後にコンチキツアーへの参加を決めたことも、私にとっては最高の選択だったと思っています。今までで最も濃い10日間になりました。 ヴェネチア観光中に突然、雹が降り出し(本当に珍しいことだそうですが)、みんな濡れたまま、悪天候の中で1時間以上帰りの船を待ったこともありました。今ではそれもいい思い出ですが、 本当に寒くて大変でした…。オーストラリアから来た人たちは、なぜか雹の上を裸足で歩き、珍しい現象を楽しんでいて、私も元気づけられました。みんなの優しさもたくさん感じました。 ツアーの仲間がいたからこそ、そんな状況でも楽しむことができたのだと思います。コンチキでの思い出は、1人では決して味わうことのないことばかりです。 留学に関する相談に加え、このツアーに参加するきっかけをくれたJSTのスタッフの方々には本当に感謝しています!ありがとうございました。
ヨーロピアン・ホライズン
ヨーロピアン・ホライズン
ヨーロピアン・ディスカバリー 12日間  〜 EUROPEAN DISCOVERY 〜
津谷 薫子さん(東京工業大学大学院)
ツアーはとっても楽しかったです!!! 観光本は最終日のパリのみを購入していったので不安だったのですが、ツアーマネージャーの知識が豊富で助かりました。 毎回街につく前に聞く話が楽しみで、自由時間はツアーマネージャーのお勧めする食べ物や場所に行って、街を存分に楽しみました。 幸運にも、オーストリアのインスバークで奥様が元市長のおじいさんとお会いすることができ、ザッハトルテとコーヒーをごちそうになりました。 ツアー仲間以外にも、素敵な方々に出会えてとても充実した旅となりました! アクシデント的でしたが、ツアー後もパリにいれたおかげで、ノートルダム寺院、ルーブル美術館、カフェ、モンマルトルの丘、 オルセー美術館など、思いっきりパリを楽しめました。 伊藤さんには迅速な手配から、心配りのあるメールに至るまで、細部にわたり、大変お世話になりました。 本当にありがとうございます。伊藤さんのおかげで、学生最後の休みを存分に味わえました。 重ねてお礼申し上げます。
ヨーロピアン・ディスカバリー
マチュピチュ・アドベンチャー 8日間  〜 MACHU PICCHU ADVENTURE 〜
林 杏渚さん(大学生)
大学生のうちに思い切ってどこか一人で旅行に行きたい…誰か知り合いと行くのとは違う旅行がしてみたい…と思い、このツアーに参加することを決めました。 南米は行ったことがなく、ましてマチュピチュなんてテレビでちょっと見たことがあるくらいでした。自分の中でマチュピチュは一生行くことがない縁遠い場所だと考えていました。 毎日ホテルを変えて移動してたどり着いたマチュピチュはそれはもう…本当にきれいでした。9月は乾季でベストシーズン。冬なのに半袖で十分なくらい暑く快晴で、beautifulとはこのことなのだと実感しました。写真ではうまく伝わらない素晴らしさがあります!ツアーに参加したのはアメリカ人、オーストラリア人、イギリス人、ドイツ人と私だったので、英語が話せないのは私だけ…。しかも年齢制限がないため81歳のおじいちゃんもいました!それに一人で参加したのは私ともう一人だけで他は2・3人のグループで、毎朝早いこともあり全員で夕飯を食べることすらほぼなかったですが、仲良くなれました!私がATMからお金をおろせなくて、現金もあまりない…どうしよう…と泣きそうになっていた時もとても心配してくれたし、Gアドベンチャーの人も相談に乗ってくれました。ひとつ後悔したのは、英語があまり話せないこと。みんなが言っていることはほぼ理解できるのですが、話すとなると難しい。もっと話せたらより 楽しめたのになぁ、と思ってしまいました。ただ、みんな私の下手くそな英語を一生懸命聞いてくれたし、一緒にご飯行こうとか誘ってくれたので楽しかったです!ツアー前にはペルーの首都リマで スペイン語が全く分からないなか3日間、ツアー後にはNYに2日間滞在しました!リマでは言葉はわからなくてもなんとかなることがわかりました(笑)NYではブロードウェイでレ・ミゼラブルをみて感動して号泣しました!最高の思い出です。次はしっかり英語を勉強して、積極的に話せるよう自信をつけて参加したいと思います!
マチュピチュ・アドベンチャー
マチュピチュ・アドベンチャー
ロンドン留学 & ヨーロピアンホライズン 10日間  〜 EUROPEAN HORIZON 〜
佐藤 健吾さん(愛知学院大学)
ずっと憧れていたイギリスに留学しました。 学校は、日本人が少なく必然的に英語を使う場面が多く、場面が多くとても勉強できる空間にありました。 学校の先生もわかりやすくはなしてくれますし、フレンドリーなので些細なことでも質問がしやすかったです。学校には、様々な国の学生がいて外国の文化を聞けたり、 今まで想像もしなかったことが分かったり、とても面白い経験でした。
また、留学後にコンチキツアーという世界各国から集まった若者と一緒に旅をするコンチキツアーに参加し、ヨーロッパを周遊してきました。 学校と違い、メンバーみんな英語のネイティブスピーカーで、最初は、うまく話せるか、伝わるかどうか心配したのですが、積極的に話しかけていたら、 自然と意志の疎通ができていました。「英語を話す」と言うよりも「気持ちを伝えること」 を意識してからは毎日が楽しかったです。 外国をはじめ、日本などでも一生仲良くできる友達がたくさんできて、本当に楽しかったし、学べることも多くありました。 英語を勉強してから、ツアーに参加したのでモチベーションも上がり、勉強してきたことを実践でき、本当によかったと思います。 このようなツアーに参加して大きなものをたくさん得てきました!世界もかなり広がるので、また行く機会があればぜひ参加したいと思いました! 本当にこの様な機会を作っていただいてありがとうございました!
ヨーロピアン・ホライズン
ヨーロピアン・ホライズン
イタリアン・エスプレッソ 8日間  〜 ITALIAN ESPRESSO 〜
加藤 基洋さん(社会人)
日本で英会話を習っているので自分の実力を試す場としてコンチキツアーに参加しました。 ですが、最初はスピード、発音、みんなの会話に参加する、この3つの壁にぶつかりました。 しかし、メンバーが固定化し、多くのメンバーと交流するのが難しかったのですが、あるとき転機が・・・! クラブに行ったときに、みんなの前でブレイクダンスを披露したら、すごい盛り上がってくれて名前もしっかり覚えてもらいました。 慣れていくうちに自分から声をかけることができるようになり、又、みんなフレンドリーだったので英語を教えてもらいながら楽しくツアーを巡る事ができました。 ただ心残りなのが、みんな食や買い物にこだわりがないので、行きあたりばったりで店を選ぶ事です。 ガイドブックや友達からおすすめの店を聞いていたのに・・・カタコトの英語では主導権握れませんでした笑。 でもとても充実していて、今までで一番印象的な旅となりました。 今はフェイスブックやメールでやりとりしています。ほんと便利な世の中ですね! 申し込むまではかなり勇気がいるからもしれませんが、なんとかなります!! 旅をするなら忘れらない旅にしましょう。みなさんもぜひ飛び込んでみてください。
コンチキツアー イタリアン・エスプレッソ
コンチキツアー イタリアン・エスプレッソ
アウトバック・アドベンチャー 11日間  〜 OUTBACK ADVENTURES 〜
小島 野乃花さん / 小原 諒子さん(愛知淑徳大学) / 河津 沙也加さん(名古屋市立大学)
私たちは2014年3月、世界中から集まった若者たち約30名と、バスに乗ってオーストラリアを縦に横断しエアーズロックを目指す、コンチキツアー・アウトバックアドベンチャー11日間に参加してきました!私たちは仲良し女子3人グループで、今回のツアーは3人の思い出づくりと、英語力のアップが目的でした。ツアーを通して一番印象に残っているのは、アメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、アフリカなど海外の友人がたくさん出来たことです。はじめツアーメンバーと顔合わせをした時、みんなの輪に入って馴染んでいけるのかとても不安に思いましたが、一緒にカラオケをしたり、星空の下でのキャンプやエアーズロックの夕日をバックに乾杯したりなど、様々な体験を共にしていく中で、最後にはツアーメンバー全員がとても仲良くなり、別れの時は涙するほどでした。このような貴重な体験を通して、3人の絆もより深まりましたし、日本に帰ってからも英語をがんばりたいというモチベーションにもつながりました。本当に参加してよかったです!面倒を見てくださったJSTのみなさんも、ありがとうございました!
アウトバック・アドベンチャー
アウトバック・アドベンチャー
カンボジア オン ア シューストリング10日間  〜 CAMBODIA ON A SHOESTRING 〜
笠井 実咲さん(愛知県立大学)
今回ツアーで会ったメンバーは、好きな仕事一生懸命していたり、世界中旅したり、それぞれ自分の気持ちにちゃんと向き合って、やりたい事をしているとても刺激的なメンバーでした。 また、ツアーを通して英語はやっぱり世界共通語だなぁと思いました。以前、なぜ日本人は英語が話せないのか?という問いに対して、教育方法以前に、英語が話せなくてもビジネスが成り立つからっていう話を聞いたことがあります。今回、3か国だけでも旅をして、観光を主な収入源にしている国なら当たり前なのかもしれないけど、道端で果物売っているおばちゃんも、トゥクトゥクの運転手さんも、ガイドさんも、みんな英語を話していました。旅の途中で読んだ本に、「日本はモノじゃなくてヒトで負けている、すばらしい技術を持っていながらも、それを世界に売り込む英語力やコミュニケーション力がない、もちろん英語ができる人もビジネスで頭が切れる人もたくさんいる、でもその2つを兼ね備えた人材はまだまだ少ない。」と書いてあり、とても興味深く思いました。そんなことも考えるほど、いろんな事に気づかされた本当に充実した旅でした。JSTの方々、ありがとうございました!!
カンボジア オン ア シューストリング
カンボジア オン ア シューストリング
ヨーロピアン・ディスカバリー 12日間  〜 EUROPEAN DISCOVERY 〜
羽場 泉帆さん / 竹内 梨紗さん / 清水 美帆さん(金城学園大学)
大学2年生の春休みに12日間のコンチキツアーに参加しました。 参加者はオーストラリア人と日本人が多く、メキシコや南アフリカ共和国からの参加者もいました。コンチキに参加して良かったことは、やはり日本人のみならず多くの外国人の友達ができたことです。初めは緊張していましたが、毎日会って一緒に移動をし、観光する中でどんどんみんなと仲良くなりました。1日1カ国周るという弾丸ツアーではありますが、1度にいろいろな国に行けて、かつ観光名所を押さえているので、どの国・都市も満喫できました。ツアー中の移動はすべてコーチです。(バスのことですが、コンチキではバスと呼ばないようです。) 長い移動でも、車内ではいつも音楽が流れていて、メンバーと話したり、カードゲームをしたりして過ごしていました。コンチキツアーで忘れられない都市がヴェネチアです。水の都で浸水レベルの豪雨と雷を体感しました。これに加え、ホテルのシャワーが水しか出ず、みんな風邪をひきました。今では良い思い出です。いつかリベンジしたいと思います。ツアー中、ここでは書ききれないハプニングがたくさんありましたが(笑)、それも含め、ツアーに参加して本当に良かったです。今度は違うツアーにも参加してみたいと思いました。 私達は、コンチキツアーをフランスで離団し、スペインのマドリッドやトレド、バルセロナへも行っちゃいました!マドリッドでは念願のレアルマドリッドの試合を観れました!スペインは少し危ないイメージがありましたが、スペイン人はみんな温かく、楽しく過ごせました。私たちはイギリスに早めにいって5日間滞在し、スペインに1週間いたので、最終的には24日間のとても内容の濃い旅行となりました。まるで、卒業旅行のようですが、今回は下見ということで、またヨーロッパへ行きたいです(笑) 私たちのわがままをすべて盛り込んでツアーを組んでくれた葉山さんにはとても感謝しています。本当にありがとうございました。
ヨーロピアンディスカバリー
ヨーロピアンディスカバリー
ヨーロピアン・ホライズン 10日間  〜 EUROPEAN HORIZON〜
西川 侑里さん(名古屋大学)
私がコンチキに参加を決めた理由はヨーロッパに行ってみたい、外国人と交流したい、留学を視野に自分の英語能力を試したいという3つでしたがすべて達成できたと思います。 ヨーロッパの景色はどこも想像以上に感動的で、アムステルダム、ロンドン、そしてずっと憧れだったヴェネチアは特にお気に入りの都市になりました。いつか必ず再訪してゆっくり 周りたいと考えています。 私のツアーメイトはアメリカ、オーストラリア、カナダ、フランス、メキシコ、南アフリカ、インド、シンガポール、日本とかなり多様でまるでコンチキバスが地球の縮図のようでした(笑) みんな英語が得意でない私にゆっくり話しかけてくれたりとても優しくてしかも面白くて、彼らと出会えて本当に良かったです。今後もフェイスブックなどを使って交流していくつもりです。 ただネイティブの会話は想像通りとても速く、ほとんど聞き取ることができずに悔しい思いもたくさんしました。だから留学したときにこのような思いをしないで済むようにリスニングを中心に英語をもっと勉強しようというモチベーションを向上させることが出来ました。 また私のツアーには自分を含めて5人も日本人がいて確かに固まりがちではありましたが、みんな外国人と交流したい!英語を話したい!という思いは同じなので特に問題なかったし、むしろかなり仲良くなって近々みんなで飲みに行こうという話も出ているくらいです(笑) また私はツアーの最中に誕生日を迎えましたがみんなが盛大にお祝いしてくれたのでとても嬉しかったです。誕生日の夜はオーストリアのクラブで踊り明かしたのですが、そこでも他のコンチキのメンバーも交えた思いがけないサプライズがあり、忘れられない最高の思い出になっています!これから参加する方は誕生日をコンチキで迎えることも検討してみることをお勧めします。 またほぼすべての宿にドライヤーが付いていないので特に女の子は海外でも使用可能なドライヤーを持参することをおすすめします。またお酒を飲む機会が多いので(強制ではありませんが)、念のため胃薬や吐き気止めを持参すると安心だと思います。
ヨーロピアン・ホライズン
ヨーロピアン・ホライズン
カンボジア オン ア シューストリング10日間  〜 CAMBODIA ON A SHOESTRING 〜
松浦 美咲さん(大学生)
このツアーに参加して、より一層世界が狭く身近なものになりました。 きっかけは、他の文化をもった人達と一緒に旅をしたい!長年憧れていたアンコールワットをみたい!そう思ったことです。二つの夢を叶えてくれたのが、G adventureの「カンボジア オン ア シューストリング」でした。 ツアーメンバーは、日本人2人 アメリカ人1人 イギリス8人 という英語漬けになるには最適な環境。ネイティブの英語に慣れていない私は、自分の思っていることが正確に相手に伝えられなかったりとコミュニケーションにおいて、もどかしい気持ちになることもありました。しかし、旅を通して必ずしも言葉を介さなくても人は仲良くなれるということも学びました。10日間、朝から晩までずっと一緒にいて、たくさんの感動を共有し、国境を越え平和について考え、 気がつけばメンバーは、私にとって家族のような存在になっていました。最終日には、本当に別れが辛くて空港に着いてもずっと泣いていたほどです。 思い出をあげればきりがありません。アンコールワットの朝日を見に行ったこと、無人島で長い一日を過ごしたこと、ポルポト政権のkillingfieldへ行き平和とは何かを真剣に考えたこと、夜遅くまでトランプやゲームをしたこと、カンボジアの人々の優しさに触れたこと… 「東南アジアに行く」それだけでも刺激に満ち溢れているのに、さらに全く異なる背景をもつ人たちと一緒に旅をした、という経験は私にとってあまりに大きな財産となりました。もしも参加するか迷っている人がいれば、絶対に参加すべきです。 一歩踏み出す勇気が何よりも重要です。ツアーに参加すれば、いろんな人の価値観に触れ、当たり前を当たり前と感じなくなります。そして日本に帰ってきた後、何に対してでも積極的になれる勇気を手に入れられると思います。 何から何まで手配をして下さった葉山さんをはじめとするJSTの方々には感謝でいっぱいです。本当に有難うございました。また参加しようと思いますので、その時にはよろしくお願いします。

■ 持って行くと良いもの
【S字フック】 東南アジアには、必ずしも清潔とはいえない場所も存在します。特にトイレ!大きな荷物を置く場所がない時には、S字フックが重宝しました。
【電卓】 買い物をする時や両替する時などにとても便利でした。携帯電話にも電卓は付いていますが、スリに遭う可能性もあるので安易に携帯電話を鞄から出し入れするより電卓を買っちゃう方がお勧めです。 値段交渉にも使えますよ。
【折り紙】 日本のはがき等 お世話になったツアーガイドの方にお礼の手紙を渡した際に使いました。日本文化を象徴するような絵が描かれたはがきは、特に喜ばれます!
カンボジア オン ア シューストリング
カンボジア オン ア シューストリング
カンボジア オン ア シューストリング
ウィンターワンダラー 24日間  〜 WINTER WANDERER 〜
米津 宏亮さん (名古屋工業大学)
コンチキツアーに参加してよかったことは、色んな人と交流を持てたことです。ツアーは、英語オンリーのツアーなので、言いたいこと上手く相手に伝えられなかったり、 正直もっと勉強しておればよかったと思うこともありました。ですが、積極的に話そうとすれば、相手も聞いてくれたり、わからないことなどを教えてくれたりするので、 話せないことを恥じて話さないよりは、間違ってもいいから話すことが大事です。 なにより、せっかく世界各国から集まったメンバーと、ほとんど会話せずに旅行を終えてしまうのはもったいないですから。 ツアーを通して、いろんなことを経験できたおかげで、少しだけ自分に自身が持てるようになりました。 初めての海外旅行・一人旅でしたが、本当に勇気を出して参加してよかったです。

■ 持って行った方が良かったもの
高校生レベルの英語の参考書です。知らない単語は辞書で調べることができましたが、知らない表現や文法、また使いたい時に それらがすっと頭に浮かんでこないので、一冊は参考書を持っていくと、よかったと思います。
ウィンターワンダラー
ウィンターワンダラー
ヨーロピアン・ディスカバリー 12日間 〜 EUROPEAN DISCOVERY 〜
竹澤 智子さん (中央大学)
■ツアーに参加して良かったこと
世界中から集まる人達と、日本では経験できないような思い出をたくさん作ることが出来きました。 言葉が多少通じなくても、旅を通じてお互いの事を理解しあえるようになった時、とても嬉しかったです、 またツアーでしか行けない様な場所やオプションも多くあり、(イタリアでは、皆で行ったカラオケは大盛り上がりでした!) とても貴重な体験が出来きました。

■ツアー中に苦労した事】
やはり言葉の部分で分からない時があったが、ツアーマネージャーや周りの人にもう一度詳しく教えて欲しいと聞くと、しっかり丁寧に教えてくれました。

■持っていって良かったと思うもの
真冬に行ったので、ホッカイロは必需品。 スリ防止用の首からかけるお財布 キャッシュは途中でおろさなくてもいいように気持ち多めに持っていっても良いと思いました。

■今後コンチキに参加する人へのメッセージ
行く前はとても不安でしたが、いざコンチキに参加すると楽しくて皆と別れるのが寂しくなるくらい、本当にツアーに参加した皆と仲良くなれます。 日本からではヨーロッパを周遊するのはなかなか難しいと思いますが、コンチキでは様々なところへ行く事が出来ました。 ツアーマネージャーもとても面白く旅を盛り上げてくれましたし、チームの皆とも打ち解けることができました。 本当に毎日毎日楽しくて、あっという間でしたが、たくさんの想い出が詰まった、一生忘れられない旅です。 優しく手配していただいた葉山さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。 本当にありがとうございました。
ヨーロピアンディスカバリー
ヨーロピアンディスカバリー
ヨーロピアンディスカバリー
ウィンター・ワンダラー 24日間  〜 WINTER WONDERER 〜
杉浦 宏昌さん (名古屋外国語大学)
普通の旅行をするのは、なんか面白くないな…と考えていたら、「コンチキツアー」という面白いツアーがあるよ!とJSTの方に教えていただきました。パンフレットを読んで、世界の名所を周りながら外国人と一緒に旅できるのがいいなと思い、参加を決めました。 メンバーは48人中46人がオーストラリア人で1人、ニュージーランドと、日本人1人。24日間と長期のツアーだったので、初めはとても不安でしたが、周りのオージー達がいつも「HIRO!!」と 呼んでくれたり、スリに合う可能性が高い所に行く時は、男2人に囲んでもらって守られてました。過保護なお兄ちゃんお姉ちゃんがたくさんできました。最後の夜オランダクルーズをしている時にみんなに対して感謝の気持ちを込めてスピーチをすると、みんながハグをしにきてくれたのはもう今思い出すだけで泣けてきます!!片言の英語しか喋れなかったけど、本当にありがとうってそう言うとみんなが口を揃えてHIROがいたから楽しかったよと言ってくれて、 本当に嬉しかったし、このツアーに参加してよかったと思いました。英語が苦手な人でも自分からコミュニケーションを取ろうとする人にはこのツアーは最高のものになります!!
ウィンターワンダラー
ウィンターワンダラー
ウィンターワンダラー
カンボジア オン ア シューストリング10日間  〜 CAMBODIA ON A SHOESTRING 〜
鈴木 里奈さん(名古屋外国語大学)
掛け持ちのアルバイトでお金を貯めて念願のこのツアーに参加しました。 出発の約半年前から予約してアンコールワットへの気持ちは高まるばかり。 Gアドベ ンチャーズの最大の利点とも言える、世界中から参加者が集まるという点。 ツアー中の言葉は全て英語! 観光もしながら英語の勉強もでき一石二鳥のツアーです。 ツアーメンバーはイギリス、オーストラリア、私たち日本。たまたま全員女の子で計9人! 必ずガイドやサポートをしてくれるツアーリーダーがいて、ベトナム人の唯一の男性でした(笑) 正直、ネ イティブ同士の会話のスピードには全くついていけなかったけれど、言葉の壁を越えてみんな仲良くなれました。 アンコールワットでのサンライズや天空の城ラピュタの舞台といわれているベンメリアに感動したり、ベトナムでホームステイをしたり、何より現地の人の温かさや、子供たちのエネルギッシュな笑顔にほっこりしました。 たくさんハプニングも あったけれど、語れきれないほど貴重な経験ばかりでした。 また行きたいと思えるツアーでした!
カンボジア オン ア シューストリング
カンボジア オン ア シューストリング
ロック&レッド6日間  〜 Rock & Red 〜
仲川 武志さん
ツアーに参加してよかったことは、普段出会えないような多くの仲間に出会い一緒に旅をできたこと、日常では得られない体験をできたことです。 寝袋に入って星空を見上げながら寝たこと、仲間とBARで飲んで 歌って踊ったこと、みんなで晩御飯を作って食べたこと、 ヘリコプターに乗ってウルルを見たことや熱気球に乗ったこと、などなど、普段できない体験をすることができ、本当に楽しかったです。 ツアー中に苦労したのはやはり英語ですが、とりわけ、メンバーの名前を覚えるのに苦労しました。 まず発音が正確に聞き取れません。なので、常にメモ帳とペンを持ち歩き、スペルを書いてもらうようにしました。
■今後参加する方へのメッセージ
参加者は みんな、旅や人との出会いが大好きな人ばかりです。 仲良くなろうと思えば、すぐに仲良くなれます。最初は不安に思うかもしれませんが、なんとかなるものです。 ただ、 Rock&Redは長いコースの一部に途中から参加するツアーなので、参加時にすでにグループができあがっており、そういったグループのひとつにちょっと近寄りがたさを感じたのも事実です。 まだどのツアーに参加するか考えている最中ならば、”最初から参加できるツアー”というのを、判断基準の一つに加えてみてもいいかと思います。
■持って行った方がいい・持って行ってよかったと思ったもの
【リュックサック】 10月前半のアリススプリングス、ウルル周辺は、日中非常に暑く、乾燥し、日差しが強いです。常に1リットル程度の水と、日焼け止め、帽子、サングラス、虫よけ、 カメラを持ち歩くことになるため、 リュックサックは本当に重宝しました。 キングスキャニオンへのハイキングでは、3リットルの水を持って歩き始めるため、ある程度容量のあるリュックサックがお薦めです。(私は折りたたみ式のデイパックを持って行きました)
【かばん(大きめの買い物袋のイメージ)】 キャンプ場泊の日は、スーツケースはバスに積んだままにし、1泊するのに必要な荷物だけを持ち出すことになります。 なので、折りたたみ式のもので十分ですが、かばんがあると便利です。
【長ズボン】 Haley Davidson や Quad bike に乗るオプショナルツアーでは必須となります。
【電源分配器&充電機器】 2泊したコテージでは4人部屋にコンセントが2口のみ。 「コンセントの口が足りない!」ということがありました。 ルームメイトの一人が電源を分配するタップを持っていて、それがとても重宝しました。 現地のお店に行かないと手に入らないかもしれませんが、あると便利です。
【虫よけ、蠅除けネット】 とにかく蠅が多いので、蠅用のものが必要です。 現地で買う方がよいかもしれません。 あと、蠅除けのネットをかぶっている人がいて、あったらいいなと思いました。
ロック&レッド
ロック&レッド
ロック&レッド
ヨーロピアン・ホライズン10日間  〜 European Horizon 〜
川田 直樹さん(武蔵野大学)
一番の収穫はやっぱりたくさんの友達ができたことです!異国の人だけに囲まれ、慣れない英語を精一杯喋って周りのみんなに自分のことを知ってもらうのは自分の人生の中で1番難しくも刺激的な経験でした。最終的には全員に名前も憶えてもらえたし、親友と呼んでくれる同い年ぐらいの奴とも出会えましたし最高でした!旅の中でcrazy boy賞とかもらったり。。 最終日は予想通り大泣きしましたけどそこでさらに皆の心の温かさを感じることもできました。今ではみんなとメールのやり取りや、手紙を送り合ったりしてます。 来月オーストラリアでプチ同窓会みたいなのやるので行ってきます!ただ、パリでみんなと別れまた一人の旅に戻り、最終日、パリの空港に向かう道でiphoneをすられました! まあこれもいい思い出だと思って友達に土産話として話してます。今回の旅で将来の夢の候補にコンチキのツアーリーダーという夢が増えました。 自分のリーダーはエマという女性だったんですがかなりクレイジーで尊敬できて、かっこよくて綺麗で、自分も旅を心から楽しんでいて、すごく輝いて見えました。 自分で資格とかいろいろ調べたんですが、じっさいツアーリーダーってなれるものなんですかね? 担当が浅菜さんでよかったです!本当にありがとうございました!またコンチキに参加する機会があったらよろしくお願いします!
ヨーロピアンホライズン
ヨーロピアンホライズン
ヨーロピアン・ディスカバリー12日間  〜 European Discovery 〜
本田 侑吾さん(名古屋外国語大学)
僕は、留学中のクリスマスバケーションを使ってコンチキに参加しました。参加者はオーストラリア、アメリカ、南アフリカ、韓国、日本から合計で約40人くらいでした。 コンチキの楽しみの一つは、多くの仲間と共に、毎日違う国・都市へ行くことができることです。楽しすぎて12日間はあっという間に過ぎてしまいました。 今までテレビや雑誌でしか見たことない風景や建物を、実際に自分の目で見ている興奮は最高でした。アムステルダムでニューイヤーを迎えたり、ミュンヘンでビアホールに行ったり、 ベネチアでゴンドラに乗ったり、パリのクラブで “Yugo Honda?♪ Call me maybe?♪”ってみんなに歌ってもらったり、思い出をあげると数えきれないほど出てきます。コンチキに来る人は、みんなめちゃくちゃパワフルです。毎晩遅くまで、みんなで飲んで喋って騒いでいました。もちろん僕も(笑)。でもこの時間がコンチキのもう一つの楽しみでもあり、みんなとの距離を縮める一番の方法だと思いました。みんなのマシンガントークに負けまいと、自分もマシンガントーク炸裂してました。英語がそんなに話せるわけではないですが、文法やら単語やらのミスは全く気にせず、言いたいことバンバン喋ってました。気づいたら、みんな友達状態でした。ただ観光するだけでなく、いろんな国から来る人たちと楽しい時間を共有でき、英語をバンバン使えたコンチキは、大切な思い出の一つになりました。JSTのみなさん、ありがとうございました。
ヨーロピアンディスカバリー
ヨーロピアンディスカバリー
ヨーロピアン・ディスカバリー12日間  〜 European Discovery 〜
下郷 義文さん(名古屋大学)
初めての一人旅で現地に無事に着けるのか、友達ができるのかなど、不安を上げれば、キリがありませんでした。 またそれと同時にどこまで、思いっきり楽しめるのか期待でいっぱいでした。ツアーが始まる前は積極的に外国の人に話しかけて、どんどん友達を作ろうと、意気込んで臨みましたが、いざツアーが始まると一対一で話すときは 外国の方が自分のペースに合わせてくれるので、なんとか話すことができますが、何人かのグループで話をするとき、 英語が母語の人たちの話す速さがすごく速く、全然聞き取れず、相槌と愛想笑いぐらいしかできずに、会話の中に入れないことにすごく焦りを感じ、無理をして楽しめていない自分がいました。 このままでは楽しめずに終わってしまうと思い、 それまでは、なるべく外国人のグループと一緒に行動するようにしてましたが、無理せず、外国の人と思いっきり楽しめるときは楽しんで、ちょっと疲れたときはツアーで出会って仲良くなった日本人の友達と日本語を話して、 休憩するようにしました。そうすることで、より自然な自分で、外国の人たちと気軽に接することができたと思います。 ツアーの初めはこんな風に悩む時もありましたが、それもすぐになくなりました。 ツアーが進むにつれて、 メンバーとの中もほんと日に日に深くなっていき、毎日どんどん楽しくなり、ツアーの終わり頃には、 ひとつの家族みたいな雰囲気さえバスの中に漂っていました。毎朝バスの中で、かかる歌をみんなで歌ったり、 毎晩みんなで遅くまで飲んだり、本当に楽しい思い出でいっぱいです。最初は不安でいっぱいだと思いますが、 楽しむ心さえあれば、どんどん楽しくなると思うのでこれからツアーに参加する人は思う存分楽しんで来てください。
ヨーロピアンディスカバリー
ヨーロピアンディスカバリー
ヨーロピアン・ホライズン10日間 〜 European Horizon 〜
苅谷 瞳さん、近藤 沙歩さん(椙山女学園大学)
コンチキツアーに参加し、ずっと憧れていたヨーロッパ旅行に遂に行くことができました。 女子2人だけの初めてのヨーロッパ旅行だったので、正直どうやって行けばいいかなど不安ばかりでしたが、そんな時に大学前で配っていたチラシでコンチキツアーを見つけ、JSTの葉山さんに相談して大正解でした。 コンチキツアーでは、世界中からさまざまな国籍の参加者が集まって、英語を通して楽しめるツアーなので、まるで修学旅行のようにみんなでワイワイしながら旅行ができ、毎日が刺激的でした。 ツアー後にはスペインも行き、本場のサッカー(マンチェスター・ユナイテッド戦)を満喫でき、最高の旅行となりました。 お得な観戦チケットを手配して下さったJSTの鳶田さんには非常に感謝しています。 ありがとうございました。
ヨーロピアン・ホライズン
ローム・カンボジア10日間 〜 Loam Cambodia 〜
吉村 杏奈さん(愛知県立大学)
ロームカンボジア10日間、タイ・カンボジア・ベトナム周遊の旅。一言で言うならば、最高!それ以外の言葉は見つかりません。初めてこのツアーを知ったとき、「あ、絶対行く」と感じました。 元々、アンコールワットを見てみたかったのと、外国人と旅をできるということと、格安!というところに惹かれて、こんなに私にぴったりなツアーはない!と思い、早速申し込みました。 前日になっていきなり不安に襲われたりもしたけど、タイに着いて、見るものすべてが新鮮でわくわくどきどき☆ 前泊2日を終え、いざツアーメンバーとご対面! イギリス人、オーストラリア人、ニュージーランド人、メキシコ人、ペルー人、日本人。 国際色豊か!”I love drinking.”自己紹介でこれを言ったのがきっかけで、酒飲みキャラに。 みんなと夕飯に行くたびにいじられて、嬉しかったです。 そんなこんなでツアースタート! ツアーリーダーのRodの知っている日本語の一つが「もしもし」だったのがきっかけで、私のあだ名がいつの間にか”moshi moshi”に。 なんてアットホーム! 長いバス移動を経て、カンボジアへ。 やっぱり、アンコールワットは壮大で、日の出もめちゃくちゃ綺麗で、私の念願の夢の1つが叶って来てよかったと実感しました! 渡航前には行くのが嫌だなと思っていたkilling field。 でも、ここがこのツアーの中で一番行ってよかった場所です。 収容所の中には、ポルポト政権下で虐殺された人達の写真や絵がたくさんあって、当時の様子を生々しく語ってくれるツアーガイドさん。 涙が止まらなかったです。 今の日本にいたら、向き合えないような事実を目で見て感じることができ、とても貴重な体験だったなぁと思います。 ベトナムでは、最終日前日にひったくり未遂に遭うというハプニングもありましたが、ルームメイトのHinaや他のメンバー、Rodがとても心配してくれ、ハグしてくれたり優しい言葉をかけてくれたので、最後まで楽しむことができました! あっという間にお別れの時。 号泣、号泣、そして号泣。 こんなに素敵なツアーメンバーに出会えたこと、いつも日本から心配してくれた家族、問題や質問があるとすぐに対応してくれたJSTの浅菜さん! 感謝の気持ちでいっぱいです! 本当にありがとうございました! 沢山の素晴らしいものを見たり聞いたり感じたりして、いろんなことを吸収できた旅でした☆ 次はどこに行こうかな?♪
ロームカンボジア
ロームカンボジア
ケアンズ・サンシャイントレイル12日間 〜 Cairns Sunshine Trail〜
松本 咲さん(明治学院大学)
ツアーを終えた今、振り返れば、夢だったんじゃないかな?と思うくらい、充実した楽しい日々が思い出されます。そのように今思えるのも、一人で外国へ行くことを許してくれた両親、様々な面からサポートしてくれたJSTの浅菜さん、そしてなんといってもツアーリーダーのMarkを始めとしたツアーメンバー55名の新しい友人たちのおかげです。 私はこの夏、とにかくワクワクするような面白いことをしたくて、このツアーに申し込みました。英語は全然話せません(笑) ツアーが始まると本当に流暢な英語があちこちで飛び交うような環境で、何もかもが訳分かりませんでした。初日は、絶対私が来ちゃダメな場所だったと、後悔もしました。 この状況が、自己紹介を機に一気に変わりました。私の英語は発音も悪いし、文法もめちゃくちゃだけど、自分のことをみんなに分かってほしいと思い、精一杯話しました。こんなめちゃめちゃな英語話す人が他にいなかったので、逆に印象に残ったらしく、みんなが私の名前を覚えてくれました(笑)それからは、本当に楽しくて、食事をとるにも買い物するにも赤ちゃんみたいに手間のかかる私を、いっつも気にかけてくれてくれました。 そんな友人たちとのお別れの時、たくさんたくさん感謝の気持ちを言いたかったのに、「Thank you.」しか言葉が出ず、とても悔しい思いをしました。その時、初めて英語が話せるようになりたい!こんなによくしてくれた人たちのことをもっと知りたい!と思うようになりました。 私は、このコンチキツアーに参加してみて、帰国後の勉強意欲につながりました。それだけでなく、言葉の分からない私にニコニコしながら優しく接客してくれた店員さんを見て、自分のアルバイト先での接客態度を見直すきっかけにもなりました。また、ツアー参加に向けて貯金することで、お金の管理もきちんとできるようになりました。このように、コンチキツアーでは、様々なアクティビティが体験できたり、異国の友達ができるだけでなく、自分を成長させるきっかけを得ました。 最後に、勇気を出して一歩踏み出せば、貴重な経験ができます。目標があればお金も貯められるし、伝えようとすればきっと言葉は伝わります。行かない言い訳はせず、気になった人はぜひ、挑戦してみては?
ケアンズ・サンシャイントレイル
ケアンズ・サンシャイントレイル
ロック&レッド6日間 〜 Rock & Red〜
松山 奈央さん(名古屋市立大学)
とにかく大きいものが見たい!その気持ちで私はロック&レッドのツアーに参加することを決めました。一人での海外旅行は初めてだったので、ツアーに合流するまでは不安が完全に勝っていたり、旅行中も小さなトラブルはあったけれど、振り返ってみれば本当に楽しくて景色、人、全てが日本では体験できない素敵な思い出をつくることができました! コンチキはアクティブな旅!朝は毎日早いし、キングスキャニオンを足場が悪いなか3時間歩いたと思いきや、次の日はエアーズロックの周囲10キロを4時間歩くなんてことも。だけどツアーの仲間の人たちと一緒に歩けば全然辛くなくて、自分の目の前に広がる雄大な自然を目にすれば疲れなんて吹き飛びました。ある夜には星が空一面に輝く中、寝袋を芝の上に敷いて寝ました。目を開けば星が広がっているなんて、普段の生活からはかけ離れた忘れられない素敵な経験でした。 日本人は私ともう1人の2人だけの参加ということもあって、英語力が試されることとなりました。やはりネイティブの人たちの容赦ない会話スピードにはついていけない...!!!周りの人達に本当に助けてもらいました。とは言ってもやはり自分の耳で聞いて、自分が思ったことを話せるのがベストだと実感。その日本人の友達と英語力を磨いてからお互いもう一度リベンジしようと約束しました。 また、浅菜さんにはツアー選びの相談から予約まで、本当にお世話になりました。当初の目的も達成できて、素晴らしい夏休みの思い出になりました。
ロック&レッド
サンフランシスコ・トゥ・ロサンゼルス・アドベンチャー 8日間 
〜 Sanfrancisco to Los Angeles Adventure〜
松下 美緒さん(中京大学)
とにかく一人で旅をしてみたいと思い、このツアーに参加することにしました。このツアーは、サンフランシスコからヨセミテ国立公園、デスバレー、ラスベガス、ルート66、グランドキャニオン、ロサンゼルスまでをまわります。 実際、初めは、このツアーに参加するか悩みました。理由は、キャンプ!日本ですらテントを張ってのキャンプなんてしたことないし、虫が嫌いだし、アメリカでキャンプなんて!と思っていましたが、浅菜さんに「絶対こんな経験できないよ!」と強く言われ(笑)、参加することに決めました。実際、ほんとに行ってよかったです! あんなに不安だったキャンプも、ルームメイトと協力してテントを張ったこと、ツアーメンバーみんなで協力してご飯をつくったことも、今ではいい思い出です。ツアーリーダーを中心にみんなで協力してご飯の支度、片付けをしましたが、みんな手際がいいのでびっくりでした。 メンバーは、日本人私一人、オーストラリア人夫婦、イギリス人夫婦、そしてまさかのドイツ人8人の計13人でした。英語ではなくドイツ語が多々飛び交い、若干アウェイな時もあったけれど、みんな明るく、このメンバーでまわれてほんとによかったです。 以前からずっと行きたかったグランドキャニオンでは、ヘリコプターに乗り、空からグランドキャニオンを見ることができ、自然の偉大さを感じました。写真でしか見たことのなかったものが目の前に広がっている!と思うと、とても感動しました。 今回のツアーで、アメリカの壮大な自然に触れることができ、貴重な体験ができたなと感じます。本当に充実した旅になりました。おすすめしてくれた浅菜さんに感謝です。
サンフランシスコ・トゥ・ロサンゼルス・アドベンチャー
サンフランシスコ・トゥ・ロサンゼルス・アドベンチャー
ヨーロピアンビスタ 21日間 〜 European Vista〜
橋 輝明さん
非常に楽しく充実した21日間でした。日本人は私だけで したが、できるだけメンバーと話すように心掛け、色々なことを話しました。 私の場合語学力はまだまだ不十分で、話された英語も相手が自分に何を聴いているのかもわからない、といったこともしょっちゅうでした。 なので相手が楽しそうに話しかけてきたらニコニコして 「How are you?」と言ってみる、そんな単純なレベルからのスタートでした。 相手からすれば不十分な英語であったとは思いますが、メ ンバーの外国人は嫌な顔ひとつせず親切にわかりやすく話してくれました。 バスのなかでもツアーマネージャーの方がよく質問はないかと聴いてきます。 私の場合分からないことばかりでしたので、ほぼ毎回質問をしていました。 そしたらドライバーさんもバスを降りたら丁寧 に説明をしてくれて、そのまま一緒にアクティビティを楽しんだりもしました。本当にたくさんの方と知り合うことができ、ありがたいと思いました。スタッフの皆さんにも感謝しています。もう一度参加予定です(笑)
【ツアーに持参してよかったもの】 シークレットベルト、トランプ、英字の名刺
ヨーロピアンビスタ
ヨーロピアンハイライツ 14日間 〜European Highlights〜
川村 真理子さん
旅の写真を見返すたびに思い出に浸り、夢の世界へ帰りたくなるようなツアーでそう思わせてくれる仲間とマネージャーとドライバーに出会いました!! 行く前はひとりで参加するということもあり不安もありましたし、実際ツアー中も苦労することもありましたが今思い返せば、 すべてがいい経験になり14日間、マジックにかかっているようでした。 見るもの全てがオシャレで、行くところ行くところずっと憧れて訪れたい場所や有名な建物や歴史的なものばかりで信じられないほど感動しました。 メンバーは日本人私ひとりで他はオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、 南アフリカ、イギリス、韓国人で英語もそれぞれ違いました。 グループのテーマはサマーパラダイス☆ 朝からアクティブに市内観光やエキサイティング、スリリングで刺激的なオプションツアーに参加。 自由時間もありリラックスすることもできましたがほとんど大体いつも忙しかったです。 フランスで迷子になったこと。原産地のいろんな種類のワインテイスト。カエルやカタツムリを食べたこと。バスの中でのカラオケで歌わされたこと。 仲間に可愛がってもらえたこと。今まで観た中で一番きれいなビーチで泳いだこと。夜の街でみんなで楽しんだこと。カジノを見に行ってリッチな気分を味わったたこと。 ゴンドラライディング。色んなショーが刺激的すぎたこと。(笑)フランス語を活かせたこと。各国語の基本のあいさつを学んだこと。 仲間と毎晩パーティーで距離が縮まったこと。どれもかけがえのない大切な経験です! 1つ後悔していることと言えば、行く前やこれまでに世界の歴史や日本の関わり方をしっかり勉強しておくべきだったということです。 なぜなら歴史的な観光地やメモリアルなどが多かったからです。 ひとりで飛行機に乗ったり重い荷物を持ちながら電車に乗ったりと初めてのことばかりでしたが、旅以外の場面でもいつも誰かが助けてくれ感激しました。 本当に今回のツアーや仲間は私の宝物であり、旅を通して自信がつきまた自身の課題が見つかり今後の私の糧になるでしょう。 もし迷っている人がいるなら夢の世界へぜひ飛び立ってほしいと思います。そして大学卒業までにもう一度違う大陸に参加してみたいと思います。 旅のアレンジをしてくれたJSTのみなさんありがとうございました。2012年の私のサマーパラダイス!!ブラボー!!
ヨーロピアンハイライツ
ヨーロピアンハイライツ
ロームカンボジア 10日間 〜Roam Cambodia〜
中村 わかなさん
大学1回生の弟が昨年夏にコンチキツアーにお世話になり、ヨーロッパを3週間旅した話を聞いて、私も参加したい!と思い時期や費用を考えた結果、ロームカンボジアツアーに参加することにしました。旅行にはよく行っていましたが、こういう様々な国の人と旅をするのは初めての経験でとって も楽しかったです。11日間、夢をみていたような本当に不思議な気分。 知り合いはいなかったけど、世界中の人と出会って、繋がって、初めての経験もたくさんして、五感をフル活用して感じて…すっごく心動かされる毎日でした。 カンボジアではアンコールワットなどの寺院を巡 り、ポル・ポトの大量殺戮のキリングフィールドに行って悲しい現実を知って歴史を身近に感じ、NGOが建てた学校訪問して子どもたちと交流させてもらい、いろんな食を楽しみ、ビーチでゆっく り過ごしたりしました。ベトナムでは思いがけずみんなとカラオケに行ったのもいい思い出です♪バスでの移動がほとんどでした が、国が違うだけで建物や言葉、風景が変わるのを実感することができました。東南アジアで得たすべての経験が宝物です。出発1カ月をきっているのに丁寧に対応して下さったJSTスタッフの方、一緒に旅した11人、ツアーリーダーのAki、出会ったすべての人に感謝の気持ちでいっぱい です。東南アジアは広いし、初めてで一人で行くのは大変だと思うので現地のツアーリーダーもついてくれるコンチキツアーはオススメです!一度行ってみて、学生の間にまたコンチキで旅したくなりました。ありがとうございました。
ロームカンボジア
ロームカンボジア
インカディスカバリー 8日間 〜Inca Discovery〜
龍 陽介さん
初めての南米。日本人が他にいるのかわからない状況で少し不安を抱きながら日本を立ち、ペルーに向かいました。ペルーについての知識はほとんどなく、 インカディスカバリーに行けばマチュピチュが見れるということぐらいしか知りませんでした。ただ、リマのホテルでHaku toursという旅行会社を紹介してもらい、 サーフィンや市内観光等ツアーまでの時間は非常に充実したものにできました。ツアーが始まってからは、クスコで世界遺産を見たり、料理を楽しんだり、楽しかったです。日本人参加者はグループの中に私だけで、他の参加者のみんなは家族や恋人、友人など基本的に二人以上で参加していました。市街観光後は、マチュピチュに向けて3泊4日のトレッキングが始まります。電気も水道も通っていない山道を40キロほど歩き、途中では富士山よりも高い山も越えます。体力的にも精神的にもきつい時が何度かありました。ただ、その後見たマチュピチュは最高でしたし、何より仲間と共にやり遂げたという達成感でいっぱいでした。このツアーを通して、様々な文化や人と触れることができましたし、普段の生活とは全く違う貴重な体験をさせてもらいました。数えきれない人達の助けを借りてツアーを終えた今、感謝の気持ちでいっぱいです。
インカディスカバリー
オージーエクスプローラー 24日間 〜Aussie Explorer〜
黒田 和花さん
オーストラリア、最っ高でした!! 人も食べ物も自然も、何もかもが大きかったです!!  1人旅も良いけれど、こうしてCONTIKIを通して世界中の人と いろいろな経験をするのは、本当に素敵なことでした。 満っっっ天の星の下でみんなで寝袋を並べたり、真っ赤に燃えるウルルのサンセットを見ながらシャンパンパーティーをしたり、とっても濃い24日間を過ごしました。 CONTIKIのみんなとはFace bookで今も連絡をとり合っていて、またいつか世界のどこかで会うことを夢みています。 学生らしいSUPER SUPER Amazingな体験、是非あなたもしてみてください。 一生忘れられないものになりますよ。
オージーエクスプローラー
ヨーロピアンディスカバリー12日間 〜European Discovery〜
土屋 亜里紗さん
外国や旅行に興味がある私にとっては、コンチキツアーはとても惹かれる内容でした。しかし、一人で飛行機に乗ったことがない上に、女一人で参加するなんて、、ほんとに大丈夫かな?と思い、かなり迷いました。でも悩んだ結果、大学生である今しかできない経験がしたい!自分の目で、耳で、肌で、世界を実感したい!そう思い、参加することにしました! 実際に行ってみて、一言。ほんとに行ってよかったです! 私のスケジュールは、ツアーが始まる前にちょっと早めにロンドンに入り、最初の3日間は地下鉄を乗り回し(笑)、ロンドンのあちこちを観光しました♪空港での乗り換え、観光地をまわっている最中にも、たくさんの人に助けてもらい、コンチキツアー以外で、イタリア、韓国、中国の人達と仲良くなれました。 コンチキツアー以外でも、多くの人たちと出会えてよかったと思います。そしていよいよツアーメンバーとの対面!日本人は私と北海道からきた22歳の大学生の方だけでした! 私の旅はわりと年齢層が高く、30代の人が多かったです。さらにカップルが12組もいたので、どーなることかと(笑) 最初のうちは、外国人のテンションとお酒の強さ、ノリに完全についていけず、、って感じでしたが、次第にみんなのノリに慣れてきて、気づけばあっとゆーまに仲良くなっていました!みんなも言ってたけど、まるで大家族のようでした。 私たちのツアーマネージャーのCindyとドライバーのEnzoを含め、私は53人のステキな仲間と出会い、夢のような時間を過ごすことができました。 新しい仲間と出会うことはもちろん、毎日違う国、違う景色で朝を迎えるという、この旅ならではの醍醐味が味わえます!写真でしか見たことがない景色や建物も、自分の目で、手で触れた時の感動は一生忘れません! この旅を通して自分に自信がついたし、さらに世界をもっともっと知りたいと思いました!大学在学中に、もう一度コンチキに参加しようか検討中です♪旅の計画に携わってくれた知華さん、ほんとにありがとうございました!
コンチキ ヨーロピアンディスカバリーツアー
コンチキ ヨーロピアンディスカバリーツアー
ヨーロピアンディスカバリー12日間 〜European Discovery〜
川崎 裕美さん
イギリス以外のヨーロッパの国々は初めてだったので、 広く浅く多くの国に行けて、とても有意義なツアーでした。 特に気に入った場所はイタリアのローマです。 出発前と帰国後に「ローマの休日」を見ると、 映画の中を旅しているようで更に充実すると思いました。 それぞれの国の一部を観光したり体験したことで、 次回の旅の良い下見旅行になりました。 ありがとうございました。
コンチキ ヨーロピアンディスカバリーツアー
ヨーロピアンエスカペード25日間 〜European Escapade〜
原 歌芳里さん
去年のLONDONホームステイに続き、2回目の長期海外滞在でした。 ホームステイ、語学学校と違うのはなんといっても、ネイティブの方とがんがん絡む!!ということ。 私はそれが楽しみでこのツアーに参加しました。 ツアー中はバスの隣の席の人とおしゃべりしたり、night lifeを満喫したり…すごく楽しい毎日でした。それに加えてヨーロッパ中を回ることで、日本を客観視することもでき、一石二鳥の旅でした。 旅の後半になるにつれてどんどんみんなとは仲良くなるもので、旅が終了してからのlondon滞在の数日間も、残っているメンバーと毎日夜ごはんを食べ…お酒を飲み…写真をとり..楽しく過ごしていました。 帰国した今でもメンバーとはfacebookを通じて連絡を取り合っています。 今回の旅で、ネイティブと会話し英語を上達させる、ヨーロッパの旅をする、2つの目的が達成できたので、よかったです!
コンチキ ヨーロピアンエスカペードツアー
ヨーロピアンハイライツ14日間 〜European Highlights〜
佐藤 麟さん
昨日、2週間のContikiツアーからやっと帰国しました!! 浅菜さんが言ってくださったように、このツアー、本当に楽しいものでした!! 日本人は私一人だったので、楽しいばかりじゃなく「帰りたい…」と思うこともありましたが、 その分なんの恥もなく外人の輪の中に入っていくことができました(^O^) 英語を苦手するのは私の他に韓国人2人しかいなかったのですが、逆にこの2人とは結束を深められました(笑) ツアー中はナミビアから来た女性がとても親切にしてくれたおかげで、なんとかやっていくことができました♪ このツアーをとうして仲良くなった人たちとは、拙い英語ながらも関係を続けられたらと思います。 私はいま大学2年生なので、卒業までのあと2年間で絶対に英語に堪能になってみせます!! そして、卒業までにまたこのContikiツアーに参加して、今度は英語でもっと自分を表現、会話していきたいと思っています(*^^*) 私にこのような意欲を湧かせてくれたContiki、そして色々な相談に乗ってくださった浅菜さんには本当に感謝しています。 どうもありがとうございました!!
コンチキ ヨーロピアンハイライツツアー
ヨーロピアンコントラスト29日間 〜European Contrast〜
林 里夏さん
私が参加させていただいたのは、29日間で欧州11カ国を周遊するという夢のような旅! 24歳の私が女で一人旅、最初は航空券だけを買って自由に旅をするつもりでしたが、最終的にコンチキツアーに参加することにしました。 決め手は一番家族が安心して送り出してくれると思った為です。 事前に十分サポートをしてくださったJSTコンチキ担当の浅菜さんには本当に感謝しております、ありがとうございました。期待以上に安心できる旅でした。 英語が流暢でない私は、アナウンスを勘違いして解釈して、和を乱してしまうことが幾度かありましたが、必ずコンチキリーダーや仲間達が助けてくれました。 人間の真の優しさを何度も感じることができ、心が暖かくなりました。
唯一不安があったとすれば、このツアーでは寝袋が必要!なこと。 寝袋が必要と伝えると、決まって返ってくる言葉が、”え〜?本当に大丈夫なの?”でした。 私も内心どんなにサバイバル色の強いツアーなのかと不安もあり、山岳ショップで洋服をそろえなければならないかと直前まで迷いました。 蓋を開けると不安は一気に消えました。 その国その国にコンチキが提携しているオリジナルのホステル(Club付)があり、たまにシャワーが使いにくい国がありますが、基本的に快適です。 服も昼はタンクトップに短パン、夜はワンピースと、全くキャンピングスタイルである必要はありませんでした。 ここで出国前に知りたかった情報を少し載せておきます。
・構成比:男:女=1:2
・年齢:20〜21歳が大半
・国籍:オーストラリア大半、ニュージーランド10人、南アフリカ6人、メキシコ・英国・日本各1人

旅の中身については、実際参加してみてのお楽しみ! 最後に、ツアー最終日イギリスのホテルで続けてもう一回(29日間ツアー)参加したいと心底思いました。 本当に夢の旅です。 これを読んでいただいた方、是非参加されることをお勧めします。 素敵な思い出を作ってきて下さい。
コンチキ ヨーロピアンコントラストツアー
コンチキ ヨーロピアンコントラストツアー
コンチキ ヨーロピアンコントラストツアー
ヨーロピアンディスカバリー12日間 〜European Discovery〜
鬼頭 佳代さん
初めての海外1人旅ということで、始まる前は不安もありましたが、tourがはじまってみると楽しいことばかりでとても刺激的な日々でした!英語はあまり得意ではなかったのですが、ツアーメンバーやツアーマネージャーが皆優しく接してくれたので、旅を楽しむことが出来ました。ヨーロッパの美しい町並み、風景、そして写真でしか見たことがないような世界遺産の数々を実際に見て、言いようのない感動を味わうことが出来ました。contiki tourに参加して本当に良かったと思っています。忘れられない思い出が出来ました。ありがとうございました!
コンチキ ヨーロピアンディスカバリーツアー
GAPアドベンチャーズ「ロームカンボジア」 10日間〜
黒田 和花さん
行ってきました!!タイ・カンボジア・ベトナム10日間!! 憧れのAngkor Watに鳥肌が立つぐらい感動したり、 ボートに乗って無人島へ行くday tripで真っ黒に日焼けしたり カンボジアの広い広い地平線に沈む真っ赤な大きい夕日に毎日、感動したり・・・。 1人で参加したのは私だけでアジア人も私1人だけでしたが、 ツアーのみんながとっても良くしてくれて今でも連絡を取り合ってます。 いろんなことを知って・感じて・見て、いろんな人との出会いがあった旅でした!! カンボジアの人たちのキラキラした笑顔に必ずまた会いに行きます!! P.S.このツアーの良いところは「観光」って感じがし過ぎなくって、よりlocalな人やものと触れ合えるところです!
ロームカンボジアツアー
ヨーロピアンホライズン 〜European Horizon〜
中戸 真依子さん
今回の旅は久しぶりの海外、しかも初の一人旅ということで行く前からずーっとワクワク楽しみにしていました。 ツアーが始まってからは毎日が刺激的で楽しい日々! アムステルダムやパリなどの大都会から、スイスやオーストリアの田舎町まで様々なところへ行けたのはとても魅力的でした。 ツアーメンバーの人も優しい人ばかりで、いつの間にか距離も縮まっていました。 本当にコンチキツアーに参加して良かったです。ありがとうございました。
ヨーロピアンホライズン ツアー
ベトナムハイライツ 〜ベトナム縦断10日間〜
木股 かんなさん
コンチキツアーに参加し、ベトナムへ行ってみて初めは全くツアーメンバーとコニュニケーションが取れなかったけれど、ツアーリーダーをはじめ色んな人が話しかけてくれました。 おかげで1人での参加だったけれど楽しむことができました。 みんなでご飯を食べに行ったり、ベトナムの歴史や文化に触れる場所を訪れたりと10日間を最大限楽しみ、学んだ気がします。 1人での参加は不安だったけれど、思いきって参加してみて本当に良かったです!
ベトナムハイライツ ツアー
ゴールデントライアングル 〜インド デリー、アグラ、ジャイプール〜 8日間の旅
中野 志帆さん
インドに行ってきました! 大学時代に参加したヨーロッパツアーでは日本人は数名いましたが、今回のツアーでは日本人は私一人でした。 最初はどうなることやらと思いましたがツアーメイトも優しく、ガイドや現地の人も親切で見るもの全てに色んな意味で圧倒されるアッと言う間の8日間の旅でした。 ツアー中にメンバーが次々と体調が悪くなる事もあり(私は大丈夫でした)ましたが色々な経験が出来ました。 また今年も年に一度の休暇を使って旅したいなぁーって考えてます。
コンチキ ゴールデントライアングルツアー
ヌビアンセイルトレック〜Nubian Sailtrek〜
小川 浩代さん
11月にヌビアンセイルトレックというエジプト7日間のツアーに参加させていただきました。 ずっと行ってみたかったエジプトへコンチキでの参加!! 奇跡のコラボにわくわくもしましたが、同じくらい不安もありました。 高校、大学で少しずつホームステイは経験したものの、社会人になって英語には全然触れる機会もなくなって、話すことはもちろん、言っていることは聞き取れるのかどうか・・・。 そんな不安も消えぬまますぐに出発!! 参加メンバーで、やっぱり日本人は私ひとり・・・。というか、母国語が英語ではないのは私ひとり。 このとき初めて「来てしまったんだぁ〜」という実感。でも、メンバーはすぐに私のことを「Yoyo」と呼んで親しく接してくれました わからないと何度も何度も話してくれたり、英語を英語に別の人が訳してくれたり、みんなが私を囲んで話してくれました。 初日の夜から3時間どっぷり飲み、そのあとも毎晩飲んで、いろんなことを語りました。帽子の取り合いをしたこと、「my daughter」と嘘ついてしつこい商人から救ってくれたこと、「we are students, so we have no money」とこれまた嘘ついて買い物一緒にしたこと、どれもいい思い出ばっかり。  不安の種のひとつだった寝袋で過ごすヨットにうえでの一晩。 気付いたらこれがいちばんの思い出になってました。みんなで雑魚寝して、船長の家にお邪魔して、現地の人たちと盛り上がったキャンプファイヤー!!こんなこと普通のツアーではできない!!街灯もなにもない芝生のうえで、裸足になって転がって語り合った一晩。何にも変えがたい思い出です。 生まれた国も話す言葉も全く違う18人。けど、やっぱりこんなツアーに参加するくらいの人たちだから、人と接するのが大好きな人ばっかりで、出発前の不安もみんなの笑顔でふっ飛びました。「you are dranker」と呼ばれ、「乾杯」という日本語を教えてきただけの私ですが、得るものはたくさんありました。 もちろん観光もすばらしいですが、やっぱり旅行の醍醐味だと思う「人との触れ合い」がコンチキにはいっぱい詰まってます。「メンバーみんなで作りあげるツアー」これがコンチキです!!言葉は違えど、笑顔は世界共通!そんな笑顔あふれるコンチキで、みなさんも世界に羽ばたいてみませんか? そして、この場を借りて・・・時間もないのに、これこそ私が行きたかったというツアーを組んでいただいたJSTの方、本人以上に心配してくれた家族、友達みなさんにお礼を言いたいと思います。成長して帰ってきましたよ!!ありがとうございました。
ヌビアンセイルトレック ツアー
ヌビアンセイルトレック ツアー
ヌビアンセイルトレック ツアー
ヨーロピアンホイール〜European Whirl〜
阪野 仁美さん
私はEuropian Whirlというコンチキツアーに参加しました 海外には行ったことはあるけれど、女一人、しかも英語があまり得意でない私にとって、それは大挑戦でした。 まずツアーの出発地であるロンドンのホテルにたどり着くまで一苦労し、そしてツアーが始まってからも集合時間、集合場所を聞くだけで精一杯でした。 しかし、ヨーロッパのそれぞれの都市は皆それぞれに違った魅力があり、はじめて見るもの聞くものに、そんな苦労も忘れるぐらい興奮しました。 また、ツアーメンバーにも恵まれていました。オーストリアのチロル地方では、パラグライディングやラフティングというような刺激的な体験を共有し、夜は一緒に夕食を食べ、そして酒を飲み交わしました。言葉という壁はあったけれども、それを越えて通じ合えたものが確かにあったと思います。 この夏、ヨーロッパをこの愉快な仲間たちと、ツアーマネジャーのNick(優しくてカッコイイ!)と旅できたことは、私の一生大切な思い出です。またコンチキに是非参加したいです!!
ヨーロピアンホイールツアー
ヨーロピアンマジック〜European Magic〜
中世古 彩さん
コンチキツアーに参加して、たくさんの思い出が出来ました。 私たち以外全員母国語が英語の方々の参加だったので、初めはとても戸惑っていたけれど、みんな優しく、ゆっくり話してくれて、とても嬉しかったです。 9日間でヨーロッパ7ヶ国周遊するのは、とても贅沢だなと感じました。 特に印象に残っているのは、ヴェネチアとパリです。 ヴェネチアではゴンドラを体験し、夜はオプションのDinnerを楽しみました。パリは見どころがたくさんあり、Shoppingもたくさん出来ました。コンチキツアーでたくさんのものを得ました。参加して本当に良かったと思います。ありがとうございました。
ヨーロピアンマジック ヴェネチアにて
ヨーロッパコンチキツアー参加
奥村 香奈さん
私は今回初めての海外旅行で、友達のススメでコンチキに参加しました。 英語はあまり得意じゃなかったので、不安でしたが、ツアー参加者のみんなはとても優しく、フレンドりーで私たちをすごくかわいがってくれました。そのおかげで不安は消え、みんなと仲良く旅を楽しむことができました。 憧れだったヨーロッパをオランダ・ドイツ・オーストリア・スイス・イタリア・フランス・イギリスと周りすばらしい風景と建物に感動しっぱなしでした。 中でもスイスは絶景の自然!!白鳥が泳ぐ川、その向こうには雪の積もったアルプス。人々は優しく静かで心温まる国でした。オランダのアムステルダムにはびっくりしました!特に夜!行く価値大有りです。 こんなに楽しい初海外旅行!! いろいろな国を見るプラスステキな出会いと友人を得ることができました。これほどの経験は私にとって大きな宝物になっています。友達とは帰国後もE-MAILで話をしています。 コンチキ最高デス
コンチキ コンチキツアー ヨーロッパ
ヨーロピアンホイール〜European Whirl〜
水谷美和さん ・ 太田沙織さん
今回私たちは”European Whirl”という15日間でヨーロッパ8カ国をまわるコンチキのツアーに参加しました。 8カ国全ての国が素晴らしく楽しかったけれど、その中でも特に印象に残ったオーストリアを紹介します。 オーストリアに入ってまず、ザルツカンマーグートという映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった街へ行きました。街には映画でマリアが結婚式を挙げた教会があり、ちょうどその日、本物の結婚式が教会で行われており、民族衣装を着た人たちに出会うことができました。 また、その日は天気がとても良く、抜けるように青い空と鮮やかな緑の丘が広がり、近くの湖は太陽の光でキラキラ輝いていて、本当に美しかったです。 次の日はウィーン市内へ行きましたが、そこには歴史が街中にあふれていて、まさに芸術の街でした。夜はオプショナルツアーでモーツァルトの演奏会に行き、ワインを飲んで美しい音楽を聴くことができました。 このツアーで、とにかく外国の人たちはよく飲む!ということに驚きました。どんなにハードスケジュールで一日中歩き回った日でもガブガブ飲んでいました・・・。 でもみんなとてもフレンドリーで、英語のつたない私たちにもたくさん話しかけてくれてすぐに仲良くなることができました。最後の日にはみんなと泣きながら抱き合ってお別れをしました。今でも友達になった何人かの人とメールで連絡を取り合ったりしています。 国籍も年齢も違う初めて会う人たちと一緒に旅をする。たった15日間という短い期間でしたが、一生の思い出に残る、すばらしい経験になったと思います。 コーチもとても快適で一日中移動の日でもいつだって窓の外には美しい景色が広がっているため、車窓を眺めていれば全然飽きることもありませんでした。 コンチキツアーに参加して本当に良かったなと思います。最高の15日間でした。
コンチキ コンチキツアー ヨーロッパ
ヨーロッパコンチキツアー参加
高木 久美子さん
念願の初ヨーロッパ、とうとう行ってきました! 女の子一人でコンチキツアーという、他の国々の知らない人達と一緒にヨーロッパを旅するのには不安もありました。 しかし、1日目にコンチキのバスに乗って数時間後、ドーバー海峡を渡る船の中ではみんなとも打ち解け不安はすでになくなっていました。 オランダ、ドイツ、スイス、オーストリア、フランスを周るツアーでしたが、やはりメインはイタリア&フランスでした。 そこはまさに今まで見てきた映画やテレビの世界。 ミーハーな私はとりあえず有名スポットをおさえ、あとはショッピングを楽しみました。イタリアで一番良かったのはミケランジェロ広場からのフィレンツェの風景。 そしてフランスでは花の都・パリです。凱旋門を目のあたりにし、シャンゼリゼ通りを歩くときはもちろん”オーシャンゼリゼ〜♪”と歌いながら、そして踊りだしたい気分になりました。私はパリにいるんだ〜、と思ったら涙が出そうなくらい感動しました。 この旅の最大の思い出はやっぱりたくさんの友達に出会えたことです。  毎晩のようにパブやクラブで飲みまくり、自然に仲良くなりました。  その分お別れがつらかったけど、またいつか絶対会えることを約束してお別れしました。 多少の語学力は必要ですけど、日本人だけのツアーとは一味も二味も違って、今しかできないことをやって本当に良かったと思います。 今までたくさん旅行をしてきた中で一番楽しく、思い出深い旅になりました。
ヨーロッパcontiki
個人情報について | 免責事項 | ご旅行条件書 | 旅行業登録票(会社概要) | オフィス MAP